アナリストの目

◎〔アナリストの目〕WTI、上昇基調変わらず=吉中晋吾氏

ニューヨーク原油(WTI)は、供給不足をめぐる懸念から130ドル台まで上昇する一方、ダウンサイドは93ドルまで下落し、30ドルを超える大幅な値動きを演じた。足元、コモディティー価格の不安定な動きが市場のストレスを高める中

◎〔アナリストの目〕WTI原油:上昇基調を維持

  ニューヨーク原油(WTI)は、世界的な電力需要の増加を背景とした天然ガスや石炭価格の上昇を手掛かりに、80ドル超の水準に位置している。 直近では、石炭や天然ガス価格の高騰が和らぎ、原油を含むエネルギー価格全

A.O.F(先物の美学)に登録

THE YOSHINAKA INSTITUTE

代表者挨拶

A.O.F 先物の世界にようこそ

メディア出演

ヘッジ&テイク デリバティブ取引の先駆者たち