◎〔アナリストの目〕WTI、65~75ドルのレンジか=吉中晋吾氏


2018/10/24 07:07

 

◎〔アナリストの目〕WTI、65~75ドルのレンジか=吉中晋吾氏

 

ニューヨーク原油(WTI)は、米原油在庫の増加や石油需要見通しの下方修

正などを背景に、10月3日に76.90ドル(中心限月12月きり)の高値を

付けた後、下落に転じている。

 

サウジアラビアをめぐる地政学的リスクが警戒される中、一時は原油価格急騰

に対する思惑がWTIを下支えしてきたが、足元では、米原油在庫増、米シェー

ル主要地区の原油生産量の増加など、実際の「数字」が材料視され、70ドルを

割るに至った。下値余地としては65ドル台も視野に入るが、安値は拾われ、当

面は65~75ドルのレンジ相場とみる。

 

以下、内部要因に基づく動きを二つ確認しておきたい。

 

まずはCFTC建玉動向。直近データ(10月16日)では、投機筋のネット

ロングが2017年10月24日以来、約1年ぶりに50万枚を割った。通常、

WTIと投機筋ネットポジションは連動する傾向にあり、17年11月終盤以

降、投機筋のロングが原油価格をけん引する格好で上昇相場を形成してきた。し

かし、18年4月ごろにネットロングがピークになった以降、投機筋は買いの手

を控え、手じまい売りを中心としたポジション調整のスタンスをとっている。そ

の時点のWTIのレンジが65~70ドルに該当するため、当該レンジが投機筋

からみた一つの分岐点であると言える。

 

二つ目は、スプレッドの存在が挙げられる。10月17~18日を境に期近限

月がコンタンゴとなり、23日現在で19年5月きりまでがストレートでコンタ

ンゴを形成している。

 

プロのトレーダーらが、期近中心に過熱気味な売買を展開しているため、若干

の行き過ぎ感も否めないが、この展開がイコールで「売られ過ぎ」であるかを判

断するには、もう少し状況を精査する必要がある。ただ、仮に、現在のコンタン

ゴの形状と限月間の価格差水準が正常であれば、WTIにはもう少しの下げ余地

がある。そうでなければ、コンタンゴは再び縮小傾向になると考える。

 

※吉中 晋吾(よしなか・しんご)氏 バーグインベスト代表

 

【無断転載をお断りします。時事通信社】

 

[/20181024CCC0017]

 

 

―当レポートに関しまして―

当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。

また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。

 

 


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。