◎〔東京金分析情報〕頭重い=ドル建てもう一段高も円建ては「上がりにくい」


※少し前のニュース

◎〔東京金分析情報〕頭重い=ドル建てもう一段高も円建ては「上がりにくい」

13日午前の東京金は頭重い。中心限月2020年2月先ぎりは午前9時半現

在、1グラム=5100円台で推移している。先ぎり継続足は8日、5128円

まで上昇し、上場来高値を塗り替えた。ただ、先週末は5126円で上値を抑え

られ、この日も水準を切り下げている。ドル建てのニューヨーク金先物相場は堅

調さを維持しているものの、為替の円高・ドル安が重しになっている。

吉中晋吾・バーグインベスト代表は「投資家らがリスク回避に動く場合、円や

金、米国債、スイス・フランが買われやすい」と指摘。その上で「中でも(買い

を)受け入れるキャパシティーが大きいのは円。ドル建て金はもう一段高が予想

されるが、円建て金は(円高の影響で)上がりにくい」と分析する。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が公表したEPFRの

データに基づく7日までの週間投資動向によると、貿易摩擦の激化を背景に、貴

金属ファンドへの資金流入が過去4番目の高水準になったという。同ファンドに

は23億ドルが流入。過去10週間で金ファンドには110億ドルが流入し、英

国の欧州連合(EU)離脱が決定した2016年以来、最大だった。

中国が先週、1ドル=7元を超える元安水準を容認したことで、米中貿易摩擦

の激化に伴う世界経済の減速懸念が広がっている。安全資産のドル建て金は当

面、投資人気が高まるとみられるが、東京市場は引き続き円相場の上昇が重しに

なりそうだ。(了)


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。