〔週間見通し〕東京ゴムRSS、緩やかなペースで上昇=バーグインベスト・吉中氏


REUTERS

みんなの株式

 

バーグインベスト代表=来週の東京ゴムRSSは、中心限月2020年1月先ぎりが緩やかなペースで上昇しそうだ。先ぎりは心理的な節目となる180円を試すと予想する。  ファンダメンタルズを見ると、9~10月は中国・上海の需要期に当たる。産地価格が下落し、割安感が台頭しているほか、タイやインドネシア、マレーシアの生産国は輸出削減策に関する会合を開く予定とされ、相場の下支え要因となる。さらに、東京市場の内部要因を見れば、中国系などのファンド筋がショートポジションを膨らませている。投機筋は必ず買い戻しに動くため、(ショートポジションの増加は)今後の上昇要因と言える。  先ぎりは今週、160円70銭まで売られ、継続足で昨年12月以来、約8カ月ぶりの安値に沈んだ。ただ、160円手前では打診や本気の買いが入り、この水準での堅さを示し、あや戻しの段階となった。  一方、期近限月には注意が必要だ。指定倉庫には期限切れ間近の現物もあり、段階的にはけさせようと、急いで売る動きが見られる。現物を中国に持って行こうとしているが、上海でも受ける場所(倉庫)がないようだ。東京市場は当ぎり中心に期近が軟化し、逆ざや幅が縮小する可能性もある。(了) [時事通信社]


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。