◎〔アナリストの目〕WTI原油、53~63ドルのレンジ相場続く=吉中晋吾氏


◎〔アナリストの目〕WTI原油、53~63ドルのレンジ相場続く=吉中晋吾氏

 

石油輸出国機構(OPEC)による協調減産、イランをめぐる中東の緊張感の

高まり等を背景に底堅く推移しているニューヨーク原油(WTI)相場である

が、一方では、世界的な需要低迷を警戒した市場のセンチメントが上値を重くし

ている。6月中旬以降のWTI原油はほぼ55~60ドルのレンジで推移してお

り、地政学的リスクだけを材料に上値を追うには厳しく、半面で、突っ込み売り

を仕掛ける理由も乏しい状況に変化は無い。直近レンジは53~63ドルを予想

しており、53ドル割れから50ドルの間では新規買いが活性化することが考え

られる。

 

内部動向を整理すると、まず米商品先物取引委員会(CFTC)の建玉動向に

関しては、前回6月18日のアナリストの目で「プレーヤー比率に関しては、2

月末以来、ネットで売りが買いを上回ったことからセンチメントが弱気に傾いた

とみる向きもあるが、このパターンは、しかしながら、市場の下げ止まり、また

は反発を示唆している」と筆者が指摘したように、その後、WTI原油は51ド

ル台の安値から上昇に転じ、同じく予想レンジの上限である60ドル前後を境に

失速した。投機筋ポジションに関しては、例えば、5ドルのレンジを動かすのに

要したエネルギーが新規か手じまいかによって価格変動の質も異なるため、転換

期を読み解く上で、その内訳を知ることが重要になるが、直近では、投機筋が

60ドル手前の高値付近で新規ロングを仕込んだ足跡が確認されており、若干下

方シフトしている相場を考慮すると、投機筋ロングの吐き出しが価格下落に拍車

を掛けることも予想される。

 

次にスプレッド/曲線の動向であるが、7月中旬以降は基調の変化が確認され

ている。WTI原油は7月中旬にピークアウトしたが、伏線として期近と期先の

曲線は既に下降シフトを形成していたことから、ある意味、WTI原油の反落は

織り込み済みであったと考えられ、また、足元のセンチメントに変化が無い限り

は53ドル近辺までの続落も予想される。ちなみに、12カ月以降の曲線の動向

に関しては、基本的にはWTI原油に呼応する推移となっている。

 

レンジは53~63ドルを予想している。直近相場が55~60ドルのレンジ

で推移しているのも、中間レンジ内における一つの調整期間と考えることもでき

る。上値は60~63ドル、下値は50~53ドルで参加者のポジションに変化

が生まれる分岐点と予想する。

 

※吉中 晋吾(よしなか・しんご)氏 バーグインベスト代表

https://burginvest.co.jp/

 

【無断転載をお断りします。時事通信社】

 

[/20190723CCC0027]


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。