◎〔アナリストの目〕WTI、50~60ドルのレンジ=吉中晋吾氏


◎〔アナリストの目〕WTI、50~60ドルのレンジ=吉中晋吾氏

米株高と投機筋によるポジションの買い戻しを背景に、堅調に推移してきた

ニューヨーク原油(WTI)相場は2月以降、節目となる55ドルの大台を回復

することとなった。

底堅さの一面は感じられるものの、主なサポート材料は米株高や石油輸出国機

構(OPEC)の協調減産関連のニュース、そして製品・ブレント原油に対する

割安感などの外部要因に依存している。WTI独自の材料は乏しく、価格上昇の

動機となった投機筋によるポジションの買い戻しも一巡し、若干停滞気味の中、

一方で55ドル台で買い残されていた因果玉の整理も進んだことから、上値の重

さが解消傾向にあり、現状はニュートラルの状態であると言える。

足元は50~60ドルのレンジで外的要因を眺めた相場が続くものと予想する。

潮目の変化を知る上で、以下二つの内部動向を確認しておきたい。

まず、米商品先物取引委員会(CFTC)建玉の投機筋ネットポジションであ

るが、直近データ(1月22日)によると、1月初旬に50ドル台手前で仕込ま

れた投機筋ショートの買い戻しが確認できる。時期を同じくしてWTI価格は上

昇に転じており、この買い戻しが、その後の50~55ドル定着の足場固めと

なったと考えられる。

1月中はWTIと他油種や製品間にも大きな動きがみられ、それら裁定の兼ね

合いも考慮すると、額面通りに受け取れない部分も当然あるが、全体的な流れと

しては、ポジションの買い戻しが50ドル超えのサポートになったと素直に考え

て問題ないだろう。

ちなみに、上述の通りWTIは当面ニュートラルなスタンスゆえ、他油種や製

品との裁定が活発になることが考えられ、今後のCFTC建玉では商品間のポジ

ション増減やスプレッドポジション動向を潮目の見極めとして注視しておく必要

がある。

次は、内部曲線の動向になる。WTIの2月以降の停滞感、また他油種や製品

に対するスプレッドのマイナス方向への拡大は、WTIの足元のコンタンゴの拡

大が一因となっている。ただ、2月中旬以降は割安感も手伝い、下げ幅とマイナ

ス乖離(かいり)の拡大に歯止めがかかっている。

スプレッド(コンタンゴ)そのものの拡大要因としては、在庫レベルや他油種

との裁定ポジション解消の崩れが一つの背景として考えられるが、5~6月以降

はコンタンゴの曲線も緩やかになっている。

WTI価格の潮目の見極めとして、また、他油種とのスプレッドの伸縮のサイ

ンとして、コンタンゴとバックが切り替わる限月間がカギになることは留意して

おきたい。

足元のレンジに関しては冒頭の通りで、WTI単体では下値が45ドルと考え

ている。

※吉中 晋吾(よしなか・しんご)氏 バーグインベスト代表

【無断転載をお断りします。時事通信社】

 

2/23セミナー


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。