デイリー・ゴールド:円とNYサイドを眺め横ばい


10/18 4:30

 

おはようございます。

10/17日の東京金市場は、ドル円、NY金が共にフラットな推移となった事から、日中を通して薄商いで動けずの一日となりました。

本日は米FOMC議事要旨が発表されましたが、内容は「数人のメンバーが長期的な水準を上回るまで利上げが必要と判断した」との事で、議事要旨も市場のリアクションも総じて予想の範囲内の小動きとなっています。NY金市場も織り込み済みとの事で完全スルー状態、ドル円も付き合い程度の上昇に留まった事から、東京金市場も総じて横ばいの推移となりました。

直近のレポートでは、「足元が不透明なドル円相場、そして若干過熱気味のNY金相場を考慮すると、現状、手控えモードになるのも不思議では無い」と度々言及している通り、円とNY金が微妙な値位置関係にある事から、東京金市場も暫し様子見の調整売買が続く事を想定しておく必要があります。

当社専用ページ

https://burgonline.teachable.com/courses/trade-education/lectures/6492439

―当レポートに関しまして―

当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。

また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。