9/22コモフェスに参加された皆様へ(原油トレード例)


先日はセミナーへのご参加有難うございました。

終了後も多くの方々が質問のために残って下さる等、様々な方と時間を共有できた事、改めてお礼申し上げます。

 

さて、早速ですが、お約束の「原油トレード」例の解説と補足です。

 

下は、簡単な補足となっていますが、別途以下リンク(登録➱動画視聴)でより詳しく動画で確認できます。

https://burgonline.teachable.com/p/trade-education

ご興味のある方は是非。(※その他、ゴールドレポートも閲覧できます。)質問等は、

info@burginvest.co.jpまで。

 

—————————-

<取引例その2:日計り視点>

プラッツドバイ原油

~時間をコントロールする~

 

  • 週1回のEIA在庫統計のデータを利用した取引

米エネルギー省エネルギー情報局:23:30(夏・冬時間で1時間ずれる)世界中のトレーダーが一堂に会し、売買が集中する時間。当該データにおける思惑(予想)に対する結果のギャップが最大のポイント。

  • 統計データを原油価格に反映させ、ドルから円換算したレンジを利用

以下のエクセルシートの要領(予想-結果を数値化)でドルベースの「予想価格」を導き出す。“米原油在庫”であるため、イコールでWTI原油が直接的に(最も)影響を受けるが、その余波は東京にも押し寄せる。

そのため、円換算の予想価格も同時に計算する。

  • 最高のチャンスが来た時だけ参入する

統計発表後、大よそ30分以内に結果が価格に吸収されるが、その間➁の「予想価格」と実際の市場価格が著しく乖離している時などに注目して参入する。

繰り返しになるが、出口が30分以内と決まっているのであれば、必ずルールを守る事。

<統計データを原油価格に反映させ、ドルから円換算したレンジを利用>

EIA在庫統計7/25/2018

下図、右手のチャートはWTI原油。まずは①予想価格、➁予想レンジ、③円換算の予想レンジを準備する。

左のチャートは東京原油。「余波」と表現した通り、時間差が生じる事も多々ある。“その差”が収益に大きな変化をもたらす。

遅れた動きを拾うのか?フライング気味で跳ねた価格を先回りしてテイクするのか?

事前準備が全て。

<最高のチャンスが来た時だけ参入する>

https://www.tradingview.com/x/ITuzQjlo/

以上、参考にしてください。

 

―当レポートに関しまして―

当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。

また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。

 

 

 


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。