備え


最近受けたドックで「要精密検査」と判定された。

 

昨年11月から今年1月は多忙で体調が宜しくなかったので大体そんな気はしていたが・・・しかし、人生で初めての経験であり色々考えさせられる。

 

勿論、考えさせられたのは体調の事では無く、会社や家族の事。

普段から最低限の備え(家族や会社関係者に対して伝えておく事等)は準備しているつもりだが、今回の件で、まだまだ詳細に記録しておくべき事等がある事に気付かされた。

判定の当日は酒の席だったが、さすがに頭の中では「銀行は・・・、書類は・・・、税理士先生には・・・、」といった事が頭の中でグルグル回っていた。

 

自身でも生活態度で改めなければならない部分がある事は百も承知であり、まあ、今後の検査の結果がどうなるかわからないが、結果に関係なく日々の生活の改善向上につとめる必要がありますね。

因みに、変な心配や不安は一切無く、普通に検査を受けて、これまで通り日々成すべき事をなすために前進するのみ。

 

因みに、マーケットでも「備え」は大切で、事前の準備如何で8-9割は勝負が付く傾向にあり、1割は“遊び(微調整の部分)”として裁量でハンドルする事になるが、それでも、殆どの商いにおいて、どれだけ備えをしていたかが勝負を分ける事になる。

 

なので、例えば、マーケットが大きく動いた時や、ファンドが予想以上のロットでロールして来た時などを理由に場当たり的なポジション申請するといった事等は大きな損失に繋がる傾向もある。

全てがそうなるとは限らないが。

 

まあ、人生も相場も備えですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―当レポートに関しまして―

当レポートの著作権はすべてバーグインベスト株式会社(Burginvest Co.,Ltd.)に帰属し、転載および無断引用は固くお断り致します。

また当レポートは、市場の研究とその情報の提供を目的としたものです。投資方針や時期選択等の最終判断はご自身で判断されますようお願い致します。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、バーグインベスト株式会社は一切の責任を負いかねますことをご了承願います。ご理解を頂きありがとうございます。

 


About 吉中 晋吾 (よしなか しんご)

バーグインベスト株式会社 代表取締役社長 日系資金運用会社にてチーフディーラー兼ジェネラルマネージャーとしてデリバティブ運用業務、ディーラー育成に従事した後、2012年バーグインベスト株式会社設立。現在、同社代表。 国内外の裁定取引、スプレッド取引にフォーカスした運用スタイル。これまで指導してきたディーラーも国内外で独立し活躍している。 現在の会社では、市場研究とトレーダー/ディーラーの育成に力を入れており、また個人投資家に対しても基礎を中心とした教育プログラムを提供している。